面接でそれまでの実績を問われた場合

企業の採用面接で面接室に通されたとき、気を配らなければいけないビジネスマナーの一つが座る位置です。

面接の部屋での座る位置について

面接でそれまでの実績を問われた場合 企業の採用面接で面接室に通されたとき、気を配らなければいけないビジネスマナーの一つが座る位置です。基本的にはどの席に座ればいいのかの指示がなければ下座に座るようにしましょう。下座とは一般的に部屋の入り口に一番近い席を指します。逆に上座は部屋の出入り口から一番遠い位置にある席を指しており、その部屋の主となる立場の人が座る場所です。このマナーを知らずにズケズケと一番奥の席に座ることがないように注意しましょう。また、長いソファーと一人掛け用の椅子がある場合には、長いソファーの方が上座になり、一人掛けの椅子の方が下座になります。

ただ、部屋によって入口に近い場所の方が外の景色がきれいだという理由から位置口付近に長いソファーがあるケースがありますが、その場合には入口であっても長いソファーの方が上座になり、奥の席の方が下座になります。また、面接の部屋に先に通されて、面接官が後から入ってくるケースでは、下座に座って待つよりも立ったままで待っておく方が無難です。企業によっては応募者の方を尊重する考え方を持っていて、お客さんとして上座に案内するケースもあるので、最終的に座る場所については、面接官からの指示を受けるまで待つ方がいいでしょう。

Pick Up

Copyright (C)2019面接でそれまでの実績を問われた場合.All rights reserved.