面接でそれまでの実績を問われた場合

面接時に出されたお茶の飲み方についても、きちんとしたマナーがあることを知らない人は意外と多いのではないでしょうか。

面接でお茶を出されたときのマナー

面接でそれまでの実績を問われた場合 面接時に出されたお茶の飲み方についても、きちんとしたマナーがあることを知らない人は意外と多いのではないでしょうか。企業の採用面接でお茶を出された際には、まず出してくれた人に対してお礼を言うことを忘れないようにしましょう。すでに質疑応答が始まっている時には、声を出すと進行の妨げになってしまうので、軽く会釈をするだけでも問題ありません。そして、どんなに喉が渇いていても面接官から「どうぞ」と勧められる前に飲んではいけません。必ず勧められてから飲むようにし、「いただきます」という一言も必ず添えるようにしましょう。飲むときはきちんと両手を添えて、音を立てないように飲むことも忘れずに。

また、面接官から質問を受けている途中でお茶を口にするのは失礼になるので、飲むタイミングとしては最初に勧められた時に一口だけ飲むようにし、その後は出来るだけ飲まないようにするのが無難です。中には「どうぞ」と言ってくれない面接官もいますので、そういった場合には質疑応答が終わった時に見計らって、「せっかくですので、いただきます」と言った上で飲むようにするといいかもしれません。その時も飲んだ後には「ごちそうさまでした」とお礼の言葉を添えるのも忘れないようにすると印象も良くなるでしょう。

Pick Up

Copyright (C)2019面接でそれまでの実績を問われた場合.All rights reserved.