面接でそれまでの実績を問われた場合

転職をする人にとって面接というのは、2度目以上になります。

転職時の面接は聞かれることが違います

面接でそれまでの実績を問われた場合 転職をする人にとって面接というのは、2度目以上になります。キャリアを積んでいる人は、久しぶりに受けることになるので前もって準備をしておくことです。採用担当者は、退職理由などを聞いてきますので、答える準備が大事です。そして、自社における組織適応力なども判断されますし、キャリア的にも即戦力として期待される部分が他の人よりも多くなります。

そして、ビジネスマンに必要なスキルでもあるストレス耐性などもチェックされますので、慌てずにどのような事柄でも答えることが大事です。なおかつ担当者は、キャリアプランなども効いてくることがあるので、新卒の採用とは違ったことを求めています。緊張はどんなにごまかそうとしてもするものですから、それをいかに自分の対応で乗り切ることができるかも、問われています。

前職を辞めた理由などが、人間関係がうまくいかなかった、という理由では、同じことの繰り返しになってしまうとおもわれてしまいます。自分なりの前向きな理由を探し出しておくことが、転職時の面接で必要です。そして、答える時に避けたいことは、業績があげられなかったとか不本意な理由で退職であっても、今の企業と巡り合えたことに感謝をしているという回答をすることです。

Pick Up

Copyright (C)2019面接でそれまでの実績を問われた場合.All rights reserved.