面接でそれまでの実績を問われた場合

企業の面接でどのような人材を欲しいと考えているのか、それは部署によっても違いますし、能力というのは未知数だと企業でもわかっています。

大きな声でアピールが必要な面接です

面接でそれまでの実績を問われた場合 企業の面接でどのような人材を欲しいと考えているのか、それは部署によっても違いますし、能力というのは未知数だと企業でもわかっています。しかし、面接を受ける学生はとにかく自分をアピールすることが大事なので、基本的には大きな声で受け答えをすることが大事です。奇抜なことで目立つ必要はありませんが、声を出してやっていくことでやる気のある人材だと感じます。反対に声があまり聞こえない人だと、企業に入ってやる気があるのかと疑われますので、あくまでもはっきりとした口調で話すことです。

受け答えというのは敬語などもそうですが、マナーとして気をつけることがたくさんあります。採用担当の話を遮ってはいけないですし、「あの」とか「その」なども使ってしまうとイメージが良くないです。緊張することはわかっていますので、上手な話し方をするのではなく誠心誠意、相手に想いが伝わるような話をしなくてはいけません。小細工をしたり知ったかぶりをしてしまうと、せっかくのチャンスを逃してしまう可能性もあるからです。人間は、まず信頼できる人材を好むようになっています。嘘をつかずに信頼性のある人だと判断されることが、まず最初に印象付けることです。

Pick Up

Copyright (C)2019面接でそれまでの実績を問われた場合.All rights reserved.