面接でそれまでの実績を問われた場合

企業の面接を受ける時には、採用担当が聞いてくることで企業を受けにきた理由があります。

面接では目を見て話すことです

面接でそれまでの実績を問われた場合 企業の面接を受ける時には、採用担当が聞いてくることで企業を受けにきた理由があります。いろいろな理由がある中でも、しっかりとした自分のやりたいことを述べれるようにしておくことですが、深く決めていても本来の気持ちが伝わらないこともあります。まずは素直に、この企業に入って貢献したいということを伝えることから始まり、そしてキャリアアップをして自己成長をしていきたいとはっきりと伝えることです。そうすることによって、採用担当者も自身の人柄をわかってくれますので、入社を決めて成長していけたらと考えます。

面接で間違ってはいけないのは、誠実な態度を取っていると人は評価をしてくれるということです。誠実な態度をとらずに、ただ受かりたい一心で適当な受け答えや、嘘をついてしまっては態度でその人がわかりますので、採用される確率が下がっていきます。面接で大事なことには、目を見て話すとありますが、これは間違いなく嘘をつこうとおもっている人は、目を見ないで話そうとします。相手の気持ちもわかるようになることで、立派な社会人として受け入れてくれますので、勝手なおもい込みで面接を受けないようにすることです。そうすることで、新しい可能性が出てきます。

Pick Up

Copyright (C)2019面接でそれまでの実績を問われた場合.All rights reserved.